スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淳2006

 私がクレマチスの交配を始めたのは2006年のことでした。

大輪系のクレマチスに出会いその魅力的な姿に虜になり、当時はまだ壺クレマチスを数鉢しか持っていませんでした。
しかも簡単に手に入る値段ではなく・・・(当時のうちの経済事情では・笑)。
なので、持っていた二つを掛け合わせれば、どんな花が咲くかな~?ぐらいの気持ちで交配を試み(笑)。

それで生まれたのが、コレ ↓。


淳2006

b-jun2006-130502-2[1]


b-jun2006-130502[1]


親はコレ ↓。

♀親 クリスパA

b-kurispaA120831-2[1]


♂親 テキセンシスレッド

b-red3-060509[1]

この組み合わせで生まれた兄弟株は複数あり、鉢管理のもの、地植えのものもあります。全草の様子はほとんど同じですが、花色に若干の個体差があります。
それでこの子たち全ての個体群を淳2006と呼ぶことにしました。

地植え管理のものはとても旺盛で、蔓が2メートルは伸びます。鉢管理で1メートルぐらいです。
節々に花を付け、とても多花性です♪

 思えば私の交配はこの子から始まったんですね~♪



スポンサーサイト

クレマチス実生2006-1

 2006年にブログ友Kさんからmix種をもらい育ててきた実生っ子は現存する株が14株あるのですが、まだ一度も開花していない株が2株残っています。

その2株は今年とうとう蕾をつけていて開花追跡の管理を終えそうなのですが、そのうちの1株が開花しましたので、紹介します(^^)/。

6/8

b-momomurasaki2006-120608-2[1]


b-momomurasaki2006-120608-3[1]

桃色がかった紫。
内側はうっすらピンク。

Kさんからのmix種の子達は皆開花すると名前をつけているので、この子にもつけることにしました。

桃紫
そのまんまじゃん(笑)!

でもこれが一番しっくり来るんですよ~^^。

さ~・・・あと一株です!
開花が楽しみです~♪


プロフィール

くれま

Author:くれま
自宅庭にてバラとクレマチスの咲く庭を目指して日々奮闘中です♪

無農薬・有機栽培の菜園も10年目です。

子供の頃からお菓子・パン作りも大好きで、2008年パン講師資格を取得。2012年春からその上の教師資格に進み現在教室通いは休止中ですが、国産小麦の特性の違いを生かしたレシピ開発を楽しんでいます(*^_^*)!
ニシノカオリ、ミナミノカオリ、ちくし2号w、ハルユタカ、ユメチカラが好きでアレンジしてます( ´ ▽ ` )ノ!

サンドブラストにも出会い、大好きなミュシャや自宅で咲いたバラやクレマチスを描いたオリジナル原画による作品作りにも取り組んでいます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
最近の記事
Tree-Comment
最近のトラックバック
リンク
お友達

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。